蝶野正洋の今後の活動内容は?過去の経歴は?YouTuberのコラボの予定は?

タレント

こんにちは!

2月11日に行われたプロレスラーの蝶野正洋さんの会見で、デビュー35周年に関連したイベントの開催や、YouTuberデビューなどの今後の展開が発表されました。

プロレスラーとして名を馳せた蝶野さんですが、最近はリングに上がることは無く、別方面での活躍を見せています。

そんな蝶野さんが今まで何をしてきて、今後何をしていくのか、考えていきたいと思います。

 

蝶野正洋とは

蝶野正洋さんの今後を知っていくために外せないのは蝶野さんのことを知ることです。

蝶野さんは有名な方ですから「そのくらい知ってるよ」と思う方もいるかも知れませんが、再確認という意味も込めて見ていただきたいと思います。

ここでは蝶野正洋という人間のプロフィールと、過去の経歴を見ていきましょう。

 

蝶野正洋のプロフィール

まずは蝶野さんのプロフィールから見ていきます。

蝶野 正洋(ちょうの まさひろ、1963年9月17日 – )は、日本のプロレスラー。

リングネーム:蝶野 正洋 マサ・チョーノ
本名:蝶野 正洋
ニックネーム:黒のカリスマ 黒の総帥 極悪バタフライ 夏男 ミスターG1
身長:186cm
体重:108kg(全盛期)
誕生日:1963年9月17日(56歳)
出身地:アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ
東京都(渋谷区、三鷹市)育ち
スポーツ歴:サッカー

Wikipediaより引用:リンク

身長体重などはプロレスラーとして活躍していたこともあり、かなり体格がいいですよね。

体重108kgと見ると一見太っているのかな?と思いがちですが、このほとんどが筋肉と考えると繰り出される攻撃の威力がとてつもないということは容易に想像がつきます。

私生活の面で見ると、1987年にドイツへプロレス留学をした際に、後に嫁となるマルティナ・カールスと出会い、1991年12月に結婚されました。

その後、2006年7月に結婚15年目にして第1子である男児が生まれ、2009年8月に第2子である女児が生まれています

ちなみに以下は過去に公開されている子供の写真です。

長男:蝶野正独(なおと)

 

長女:蝶野正欧美

 

蝶野正洋の経歴

続いて蝶野さんの今までの経歴を確認していきます。

冒頭に書いている通り蝶野さんはプロレスラーで、1984年4月に新日本プロレスに入門し、同年10月に埼玉県での興行でプロデビューしています。

その後、1987年の第3回ヤングライオン杯で優勝した後、同年春から海外への武者修行へ出発しました。

この際、オーストラリア、ウィーン、ドイツなどのヨーロッパ諸国をめぐった後にアフリカのジンバブエ遠征に参戦しています。

正式な帰国は1989年10月なのですが、1988年7月に短期凱旋をしており、新日本プロレス有明コロシアム大会に参戦しています。プエルトリコで武藤敬司、橋本真也と「闘魂三銃士」を結成したのはこの凱旋の直前ですね。

その後は20年強もの間ヒールとしてプロレス界で活躍してきました。

現在もプロレスラーとして正式に引退はしていないのですが、2014年4月13日の道頓堀プロレス大阪大会での試合が事実上の引退試合とされています。

その後は「ガキの使いやあらへんで」や「Let’s天才てれびくん」などのテレビ出演や、茨城県からの要望で「いばらき大使」に就任するなど、プロレス以外の分野でも活躍をしています。

 

今後の活動内容は?

さて、そんな蝶野正洋さんですが、YouTubeチャンネル「CHONO Network」を開設し、2月13日には『自叙伝 蝶野正洋 -I am CHONO-』(竹書房)を出版するなど、現在も活躍の場を広げています。

会見では「人生50にして天命を知る。まだまだやらなきゃいけないことたくさんある」と語るなど、今後も様々な活動をしていくことが予想されます。

今回はその一角になると思われるYouTuberとしての活動に焦点を当てていきます。

 

今後のYouTubeでの活動は?

最近では宮迫博之さんや、江頭2:50さんがYouTubeチャンネルを開設するなど、大きな流れとなっているYouTuber化ですが、蝶野さんもその流れに乗った形です。

「CHONO Network」というチャンネル名から、様々な情報の発信元になると予測されますので、突発的なものではなく、しっかりと考えてのYouTuber化だと考えられますね。

確かにTwitterも情報の発信元としては優秀ですが、性質上メッセージは短文しか投稿できず、動画も長時間のものはアップロードできません。

YouTubeでの活動はテレビや書籍だけではカバーできない範囲の情報を動画で公開するための媒体になっていくものと思われます。

 

YouTuberとしてのコラボの予定は?

さて、YouTubeで活動していく上で行われるのが動画でのコラボです。

実際に上述した宮迫博之さんもYouTuber化してすぐに、YouTuberのヒカルさんや、ホリエモンさんとのコラボを行っています。

コラボは自分の元々のファン層以外に対して手っ取り早くアプローチを行える機会ですので、蝶野さんもコラボを行っていくだろうとは思います。

そこで気になってくるのが蝶野さんのコラボ相手ですよね。

初めての動画ではカジサック(キンコン梶原)とコラボしていますが、今後の予定はどうなのでしょう?

残念ながら現状ではそこまで細かい情報は出ていませんでしたが、過去に付き合いがあった芸能人やプロレスラーなどが動画に出演すると思われます

既に有名なプロレスラーである長州力さんからTwitterで「俺を呼んでくれないか!?」と蝶野さんにお声がかかっているようですよ。

ただし、蝶野さんは「お断りしたいと思います。長州さん、ツイッターを始めてものすごい話題になっているけど、ツイッターが何か分からずにやっている。だからYouTubeも分かっていないと思います」と笑い飛ばしていました(笑)

ちなみに長州力さんのそのツイートがこちらです。

「ユーチュバー」と書かれていることだけでも蝶野さんの言っているように、YouTubeのことがよく分かっていなさそうな感じはしますね(笑)

とはいえ、長州力さんとのコラボともなれば今までYouTubeを見ていないような層の流入も期待できそうなので、その内コラボはするのかもしれませんね。

 

YouTuberデビューについての反応は?

では今回の蝶野さんのYouTuberデビューについて、世間の反応はどうなのでしょうか。

今回のYouTuber化については中々好意的な意見ばかりとはいかないようですね。

YouTuberとしての活動での最初の動画にコラボ動画をアップロードしたことも批判の対象になっているようです。

マイナスからのスタートという評価になってしまいそうなので、今後の挽回に期待していきましょう。

 

まとめ

今回は蝶野正洋さんの今までとこれからについて調べてきました。

現在は蝶野さんが56歳なので、蝶野さん自身が言うようにまだまだこれから活動の場を広げていける年代だと思います。

今後はどのような活動をしていくのでしょうか。楽しみに次の発表を待ちたいと思います。

 

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました